社会保険と民間保険の違い

親が病気で入院したのを目の当たりにしたことで、自分へのリスク管理のために保険への加入を決断しました。

社会保険と民間保険の違い

自分へのリスク管理のために加入した保険

人生はとても長いので、自分でしっかりとリスク管理をすることが大変重要です。このように考えるようになってから保険へ加入を行いました。以前までは保険には全く無関心で、一生加入するつもりは無かったです。なぜなら昔から病院に訪れた記憶がほとんどなく、非常に健康的な人生を歩んできたからです。しかし最近、親が病気をしてしまったため、3か月くらい入院生活を送っていました。親も私と同様に健康的だったのですが、最近は年齢的なこともあり、徐々に体は老化してきています。そんな親は保険に加入していたので、今回の入院生活においても、金銭的には問題無かったと聞きました。

このように自分の身近な存在である親が実際に入院してしまった事実は、私にとって衝撃的だったと同時に、保険に加入していない現状に危機感を抱きました。そこで自分の人生におけるリスク管理についてしっかりと考えるべきだと判断しまして、保険に加入することにしました。そこで私が保険への加入をするために取った手段は、親がお世話になっている保険会社の方に相談を行うというものです。定期的に我が家を訪問してくれている方で、私も幼い頃から知っているので相談し易く、すぐに最適な保険を提案していただけました。


Copyright(c) 2017 社会保険と民間保険の違い All Rights Reserved.