社会保険と民間保険の違い

個人年金保険というものがあります。いずれくるセカンドライフに備えて、加入をしておくことをお薦めします。

社会保険と民間保険の違い

個人年金保険というものを知ろう

年金というものに対して、多くの人が関心を持ち、そして不安要素となっているものです。これからの年金がどうなるのか、若い世代の人にはピンとこないのですが、知ると年金を納付したくないと言います。現在のセカンドライフを迎える人は、満額に厚生年金や国民年金を貰うことができますが、この先に貰う予定の人は、このままの日本経済のままでいくと給付されなくなるという統計が出ているのです。ゆえに、若者が年金納付を断るケースもあり、このままでは日本も危うくなってしまうのです。では、どうしたら良いのかです。国民年金などは、政治家がこれからの事を考えてしていくでしょう。しかし、まだ不安が続くのですから、どうにか自分たちでもしなければなりません。そこで注目したいのが、個人年金保険です。

個人年金保険というのを、各保険会社が出している商品です。もし、自分が加入している保険があるのであれば、その会社に聞いてみると良いでしょう。また、保険の窓口といった所でも、年金保険の事を紹介していますので、聞いてみるのも良いでしょう。

加入するのは簡単で、告知で申し込みができます。また、加入したら年金額の増加が期待でき、しかも一度増加した年金は減りません。積みたて感覚で老後の生活資金の準備ができるので、検討してみてください。


Copyright(c) 2017 社会保険と民間保険の違い All Rights Reserved.