社会保険と民間保険の違い

将来年金が貰えないという、予想がされています。ゆえに、若い人は今からでも個人年金を保険に加入しましょう。

社会保険と民間保険の違い

保険加入なら個人年金に注目

今も続く年金問題ですが、この先の年金給付に対して、若者も不安が募ってきています。このままでは、自分たちの世代には年金が貰えないという不安から、現在国民年金を納付しない若者が増えているといいます。確かに、このままの状態で行きますと、一般企業に勤めている青年でも35年の厚生年金を納付していても、1円も貰えないとなれば、納付なんてしたくないと思うでしょう。しかし、これはあくまでも予想です。とはいえ、心穏やかでない事は確かです。そこで加入に注目したい保険があります。

それが、個人年金保険です。興味があれば、年金共済などのパンフレットを貰ってみてみましょう。現在、若い人が入るのであれば、少ない金額からでも加入ができ、しかも60歳になったときには給付してもらえる制度です。公的年金があてにならないということで、多くの人が注目し、加入している保険です。

保険には色んな種類のものがありますが、この個人年金保険は加入をしておいた方が良いと思います。生命保険や医療保険なども、もちろん大切です。生活を圧迫させるのであれば、生命保険などを保障重視型にする、いわゆる掛け捨てタイプのにして安く納めて、個人年金にお金を掛ける事をした方が良いと思います。セカンドライフの備えは、早めにして置くことが、ベストです。

関連記事・情報



Copyright(c) 2017 社会保険と民間保険の違い All Rights Reserved.