社会保険と民間保険の違い

子供が生まれると学資保険に加入する人が多いですが、返戻率についてしっかり考えて加入するようにしましょう。

社会保険と民間保険の違い

学資保険の選び方について

子供が生まれた時に、学資保険に加入する人は多いです。学資保険は、将来子供が大学などに進学をするときの入学金や、学費などに使うことができるので、負担が減ります。学資保険にもたくさんの種類があるので、どの保険に入ればいいのか悩む人が多いです。学資保険を選ぶ時に、返戻率という言葉をよく聞きます。返戻率とは、保険料を支払う金額の総額に対して、満期に受け取ることができる金額の割合になります。返戻率が高いほど、貯蓄性が高い学資保険になります。保険料を支払った総額よりも、満期にたくさん受け取ることができれば、とても助かります。

そのため、貯蓄性の高い学資保険を選びたい人には、返戻率が高い、保険会社を選ぶといいです。しかし、返戻率が低い場合でも、メリットがあります。例えば、支払った保険料の総額よりも、受け取ることができる保険金が少なくなる場合は、子供が病気になり、入院をした時などに、入院保障を受けることができたりします。子供が小さい時には、インフルエンザや、おたふく風邪などでも、入院になることがあります。子どもの医療費は、自治体によって、かからないところも多いです。しかし、インフルエンザや、おたふく風邪、水痘などは、個室代が実費になるので、入院保障があると、助かることも多いです。


Copyright(c) 2017 社会保険と民間保険の違い All Rights Reserved.