社会保険と民間保険の違い

保険にも、さまざまな種類がありますが、若いうちに加入しておいた方が良いものが、個人年金です。

社会保険と民間保険の違い

年金保険に注目をしてみる

年金問題が議題に挙げられ、そして現在も消えた年金をめぐって捜査をしています。さらに、結婚を機に年金が消えてしまうというケースもあり、将来の不安も出てきていました。現在は、厚生省が地道に作業をしていて、消えた年金も見えてきました。しかし、我が国は現在高齢化社会となり、このままでいけば国民年金や厚生年金の支払も満額にもらえなくなるという危機に陥っています。現に、数年後は満額もらえないという計算になっているのです。そこで、加入したい保険が個人年金です。

今、民間大手保険企業も取り入れているのが個人年金です。将来の年金受け取りを考えると、経済不安に陥るので、多くの人が個人年金保険に加入するようになりました。若いうちから加入することで、毎月の支払額もそう大きくなりません。また、払い込んでいけば保証期間もありますし、さらに生存している限り一生もらえる年金保険でもあるのです。今の年金では不安がある、そう思うのであれば一生涯の年金を準備したいのであれば終身年金タイプを加入すればよいのです。

加入できる年齢は18歳から74歳までというものもありますので、検討してみてはどうでしょう。一定期間重点的に年金を準備したいのであれば、定期年金タイプのも良いでしょう。

関連記事・情報



Copyright(c) 2017 社会保険と民間保険の違い All Rights Reserved.