社会保険と民間保険の違い

終身保険は、死亡タイミングで保険金が受け取れるもの、養老保険は満期があり、いずれにしても保険金が受け取れます。

社会保険と民間保険の違い

終身保険と養老保険の違い

生命保険について、基礎的な知識だけでもつけておきたいという場合には、まず、基本形が三種類があるという点をしっかり理解することが重要です。その三種類とは、終身保険、養老保険、定期保険の三種類です。それぞれに特徴があり、メリットデメリットは違います。そのため優劣をつけることはできませんが、保険に加入する人の状況により、どれが適切かが変わってくることを理解する必要があります。特に終身と養老の違いを把握することは重要です。

まず、終身保険ですが、名前の通り、被保険者が死亡するまで保障が一生続き、死亡した時点であらかじめ定めた保険金受取人に保険金が支払われるというものです。保険会社にとっては、タイミングの差こそあれ、いずれは契約者に対し約束している保険金を満額で支払う必要があるため、それに見合った保険料を受け取る必要があります。当然、保険料はそれなりの金額になります。但し、途中で解約した場合にはそれまでに貯まった解約返戻金が戻ってきます。養老保険は、終身保険の変形で、契約時に決めてある満期が存在するというものです。満期までの間に死亡した場合も、満期で受け取る満期保険金も金額は同じになっています。養老保険はいずれにしろ保険金がもらえるという保険です。


Copyright(c) 2017 社会保険と民間保険の違い All Rights Reserved.